久米川みどり動物病院
  • アクセス
  • お問い合せ
  • 久米川みどり動物病院
  • どうぶつウェルネスセンター
  • 草加みどり動物病院
  • スキンケアトリミングサロン
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-肥大型心筋症
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-病気の概要

心臓は、全身の筋肉と同様に、「心筋」と呼ばれる筋肉から構成されています。心筋が収縮と拡張を繰り返すことで、全身に血液を送るポンプとしての機能を果たしています。この心筋に異常が起こることで心筋が分厚くなり、心臓の拡張機能が低下して全身に十分な血液を送ることが出来なくなることがあります。この病態を「肥大型心筋症」と呼びます。猫に見られることが多く、肥大型心筋症を発症する要因は遺伝であるといわれています。また、犬用のご飯や手作りご飯を食べている猫では、タウリンと呼ばれる栄養素の不足により肥大型心筋症になることもあります。二次的に心臓の弁の閉鎖不全症を伴うことがあるため、検診時の聴診で発見されることがあります。診断には胸のレントゲンや心臓の超音波検査が必要になります。

東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-症状

病態が軽度の場合には症状が見られないことがほとんどです。重度の場合には運動量の低下や運動後の疲れやすさ、口を開けて苦しそうな呼吸をするなどがあります。猫の場合に心臓の疾患で咳をすることは稀です。また、病態が進行すると心臓の内部で血栓(小さな血液の塊)ができ、これが足の付け根の動脈に詰まることがあります。血栓が詰まると、突然な後ろ足の激痛や麻痺が起こります。また、後ろ足への血流が途絶えるため後足が腐ってしまうこともあります。

東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-治療

心筋症は完治が不可能な病気の一つです。病態を早期に発見して、お薬による内科的な管理を行い、病態の進行を抑えることが大切です。お薬には、血圧を下げる薬や心拍数を下げる薬、おしっこの量を増やす薬など様々な種類があり、これらを病態に合わせて使用することで心臓への負担を減らしていきます。また、血栓ができる危険性がみられる場合には、血栓を作りにくくする薬を使うこともあります。血栓が足の付け根の動脈に詰まった場合には、初期ならば血栓を溶かすお薬で対応しますが、時間が経って血流の再開が見込めない場合には、後ろ足が腐り始める前に切ってしまうこともあります。初期の病態の発見や進行のチェックのためにも、定期的な心臓の検査が必要となります。

東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-流れ
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-ステップ