久米川みどり動物病院
  • アクセス
  • お問い合せ
  • 久米川みどり動物病院
  • どうぶつウェルネスセンター
  • 草加みどり動物病院
  • スキンケアトリミングサロン
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-歯肉炎
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-病気の概要

歯周病は犬や猫において、発生頻度が非常に高い疾患です。歯周病が多い理由として、食餌内容や寿命が延びたことなどが挙げられます。3歳齢を過ぎた多くの犬、猫には歯垢や歯石が付着しており、歯周病を発症していると言われています。歯周病の直接的な原因は歯垢中の細菌です。歯垢は3〜5日で石灰化して歯石になり、歯石の表面は凸凹であるためさらに歯垢が付着しやすくなり、歯周病を発症する原因となります。さらに、加齢、糖尿病、免疫機能障害などの全身性の要因により歯周病が進行しやすくなります。

歯周病のほとんどは歯肉炎または歯周炎です。歯肉炎は歯肉に限局した炎症であり、これが進行し歯肉以外の歯周組織にまで炎症が及んだ状態を歯周炎といいます。

東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-症状

一般的にみられる症状として、食欲低下や流涎(よだれ)、口臭、口腔内の疼痛などがみられます。歯周病が進行すると根尖周囲膿瘍(歯の根元が膿んできてしまう状態)が引き起こされることがあり、顔の一部が腫れ、そこから膿が出てくることもあります。また、くしゃみや鼻出血がみられることもあります。

東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-治療

歯周病の原因となる歯石・歯垢を除去し、可能な限り歯周組織を回復させることが大切です。しかし、重度の歯周病がおきている場合は歯石除去のみの治療では不十分なことがあります。例えば、歯周炎のため歯の動揺が著しい場合や根尖周囲膿瘍がある場合、猫の重度歯肉口内炎の場合などは抜歯が適応になります。しかし、場合によっては歯石除去や抜歯で改善されない歯肉炎、口内炎もあるため、全身性の要因がある場合はそれも同時に治療していく必要があります。そして、歯科処置後に歯みがきなどのホームケアを行い再発予防につとめることが非常に大切です。

 当院では、歯みがきクラスを定期的に開催しております。歯みがきクラスでは歯周病予防についての講義を受けていただきながら、実際にワンちゃんと一緒に行う歯みがき実習と獣医師による歯科検診を行なっております。

東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-流れ
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-ステップ