久米川みどり動物病院
  • アクセス
  • お問い合せ
  • 久米川みどり動物病院
  • どうぶつウェルネスセンター
  • 草加みどり動物病院
  • スキンケアトリミングサロン
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-巨大結腸症
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-病気の概要

巨大結腸症は、腸の蠕動運動(内容物を移動させる動き)の低下、脱水、交通事故などで神経が傷ついたり骨盤が狭くなったりなど、様々な要因から慢性的に便秘となり、その結果、結腸内に便が過度にたまってしまうことで結腸が広がり巨大となって便がさらに出づらくなってしまう病気です。猫さんで主にみられます。

東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-症状

慢性的な便秘のため、しぶり(何度も排便の姿勢をとるけれどなかなか便が出ない状態)がみられます。また、本来は結腸で吸収されるはずの水分が、そこに便が過度にたまっていることでうまく吸収されないため、便の塊を上手くすり抜けて出てきた少量の便が、水っぽいゼリー状の下痢便としてみられるといった症状も認められます。加えて、食欲や元気がなくなったり、脱水症状を起こすこともあります。

東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-治療

摘便(便を直腸から取り出すこと)をしたり、緩下剤やお腹を動かすお薬の投与、ぬるま湯を用いた浣腸を行ったりします。また、脱水症状などがあれば輸液も行います。この他、水分を多くとったり、便秘になりにくい処方食を与えるなど食事内容に気をつける必要があります。

こうした内科療法に反応しないような症例では、外科手術によって部分的に巨大になった結腸を切除することもあります。

東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-流れ
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-ステップ