久米川みどり動物病院
  • アクセス
  • お問い合せ
  • 久米川みどり動物病院
  • どうぶつウェルネスセンター
  • 草加みどり動物病院
  • スキンケアトリミングサロン
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」の膝蓋骨脱臼
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-病気の概要

膝蓋骨脱臼とは?
膝のお皿の骨を膝蓋骨(しつがいこつ)といいます。膝蓋骨は通常卵形をしていて、靭帯で包まれて大腿骨(だいたいこつ)の溝にはまっています。とても小さな骨ですが、膝をスムーズに曲げたり伸ばしたりするのにとても大きな役割があります。
膝蓋骨脱臼とはこの膝蓋骨が溝の部分からはずれてしまうことをいいます。
膝の内側にはずれる内方脱臼と、外側にはずれる外方脱臼とがあります。

東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-症状

症状により、4段階のグレードに分類されています。
グレードT:膝蓋骨は正常な位置にあり、足を伸ばして膝蓋骨を指で押すと脱臼する。
      指を放すと正常の位置に戻る。無症状の場合が多いが、何かの拍子に膝蓋骨が脱臼すると、
      その時には肢を曲げたままで挙げっぱなしになったり、スキップの様な歩行をすることがある。
グレードU:膝関節は不安定で、脱臼したり元に戻ったりを繰り返している。日常生活に支障はないが、
      加齢と共に骨の変形が進み、膝蓋骨を支える靭帯が伸びてグレードVに移行してしまうことがある。
グレードV:膝蓋骨は常に脱臼状態にあり、指で押せば元に戻せるが、手を放すとすぐに脱臼してしまう。
      こうなってしまうと、膝関節を曲げたまま歩行し、足がつかなくなることが多い。大腿骨や脛骨の
      変形も進んでくる。
グレードW:膝蓋骨は常に脱臼し、指で押しても元に戻らない。大腿骨や脛骨の変形も重度になり、犬は肢を
      曲げたままで歩いたり、肢を浮かせたまま歩いたりする。
      先天性の場合、習慣的に脱臼しており痛みがほとんどなく、日常生活での症状が分からない事も
      あります。

東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-治療

膝蓋骨脱臼ではそのグレードにより外科手術が必要な場合と、手術せずに経過をみていく場合があります。治療法の選択はグレードの段階、全身状態、年齢などを考慮し決定します。
症状の認められない老齢の子では外科手術が必要となることはほとんどありません。しかし若齢の子で症状が認められる場合には、時間の経過とともに病状が進行してしまう事があります。骨の変形や筋肉の異常が発生することを防ぐため、早い段階での外科手術をおこなう必要があることもあります。

当院では膝蓋骨脱臼の整復手術を行っております。
脱臼の程度、骨の形によって術式が異なりますが、主に滑車溝造溝(膝蓋骨がはまる溝を深くする)、関節包
縫縮(緩んだ靭帯の補強)を行います。

東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」の流れ
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」のステップ