久米川みどり動物病院
  • アクセス
  • お問い合せ
  • 久米川みどり動物病院
  • どうぶつウェルネスセンター
  • 草加みどり動物病院
  • スキンケアトリミングサロン
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-外耳炎
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-病気の概要

外耳炎の原因は様々で、耳垢で細菌や真菌が異常増殖したり、耳ダニが寄生したりしておこります。また、アトピー性皮膚炎や脂漏性皮膚炎などの皮膚病に続発することもあります。他にも腫瘍や異物などによって耳の穴が狭くることが原因になることもあります。外耳炎は猫より犬に多く、犬ではミニチュアダックスやコッカースパニエルなどの耳が垂れた犬種によく見られます。

東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-症状

外耳炎の症状は、茶色いにおいのある耳垢がたまります。また炎症によりかゆみをともなうため、しきりに耳をかいたり、頭を振ったりします。炎症が継続し慢性化すると、耳の皮膚が厚くなり、耳の穴がふさがれてしまう場合もあります。一旦慢性化すると、治り難く再発しやすくなります。また外耳炎が悪化すると、炎症が奥に広がり中耳炎や内耳炎を起こし、神経症状を起こすこともあります。

東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-治療

外耳炎の治療は、耳のお掃除が基本となります。それと同時に外耳炎の原因を解消する必要があります。細菌や真菌が原因の場合は抗生物質や抗真菌剤を、耳ダニが原因の場合は駆除薬を投与します。また、アトピー性皮膚炎などの全身性の皮膚病が原因の場合、それらの病気の治療を行います。外耳炎は慢性化および再発しやすい病気なので、根気よく治療を続ける必要があります。日頃から行動や耳のチェックを行い、耳垢がたまっていないか、耳が赤くなっていないかを注意してあげることが大切です。

東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-流れ
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-ステップ