久米川みどり動物病院
  • アクセス
  • お問い合せ
  • 久米川みどり動物病院
  • どうぶつウェルネスセンター
  • 草加みどり動物病院
  • スキンケアトリミングサロン
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-腎臓摘出術
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-病気の概要

腎臓とは、動物が生きていくうえで非常に大切な臓器であり、通常は左右に1つずつ、つまり2つの腎臓が存在します。腎臓には様々な機能がありますが、最も重要な機能は血液中の老廃物を尿として体の外に排泄することです。近年、動物の高齢化に伴い腎臓疾患を診察する機会が増えており、その多くは高齢に伴う慢性腎不全です。その他にも、腎臓腫瘍や腎結石、腎嚢胞(腎臓内に袋状に液体が貯留した状態)、水腎症(尿の通り道に閉塞があることにより腎臓の一部が拡張した状態)、腎膿瘍(腎臓内に膿が貯留した状態)、腎盂腎炎(細菌感染により腎臓が炎症をおこした状態)などもみられます。

東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-症状

腎臓疾患の場合、多くは腎機能の低下に伴った症状がみられます。よくみられる症状は元気喪失、食欲不振、嘔吐、多飲多尿(飲水量と尿量が増えた状態)、血尿などです。その他の症状としては、腎結石や腎膿瘍の場合は腹部の痛みがみられることがあります。また、腎臓腫瘍などの場合、大きくなった腎臓が瘤のように腹部から触れることもあります。

東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-治療

腎臓摘出術が適応になる疾患には、片方の腎臓のみにみられる腎臓腫瘍で転移がない場合、血尿が続く腎嚢胞、交通事故などで腎臓が外傷をうけた場合、内科治療では改善がみられない腎盂腎炎、重度の腎結石などがあります。ただし、腎臓摘出術を行う場合、残されたもう一方の腎臓の機能が維持できていなければなりません。そのため、手術前にもう一方の腎臓の機能について確認することが非常に重要です。

東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-流れ
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-ステップ