久米川みどり動物病院
  • アクセス
  • お問い合せ
  • 久米川みどり動物病院
  • どうぶつウェルネスセンター
  • 草加みどり動物病院
  • スキンケアトリミングサロン
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」の病院理念
この数年、動物をとりまく環境は激変し、動物はより家族の一員として絆を深めるようになりました。それにともない、より高度な動物医療技術の要求に留まらず、しつけの技術やペットロスなどの問題に至るまで、さまざまなこと が動物病院に要求されるようになりました。

最近ではペットを伴侶動物(コンパニオンアニマル)と呼ぶようになり、心の絆を深めてきました。ペットは家族の一員として迎えら、そして私たちが彼らから受ける恩恵は計り知れないものがあります。また、このような傾向は今後、心豊かな地域社会作りにはなくてはならないものとなっていくでしょう。

私たちの仕事は、医療の実践だけでなく、動物と正面から向き合って彼らとのより良い関係を築いていくためのお手伝いをすることです。

たとえば、動物が病気になると私たちも辛い思いをします。小さいころのしつけがうまくいかなければ、彼らの生涯15年間を「ああ、こまったな。」といい続けながら一緒に生活することになります。逆に、「かわいいね、かしこいね、いい子だね、元気だね。」といわれ続ければ動物は幸せです。そしてそんな自慢の子と一緒にすごす15年間は飼い主様にとってもすばらしいものになるはずです。

明るく、楽しい動物との生活は、私たちにゆとりをもたらし、やさしさや愛情を育むでしょう。そんな生活をそっとサポートするのが、私たちの仕事なのです。

「ああ、ここにこの病院があってよかった。」と言っていただけるようになる ことが、私たちの病院のスタッフ全員の共通した願いです。そして、その仕事を通して心豊かな地域社会作りに貢献することが出来れば、それは私たちにとって最高の喜びでとなるでしょう。

私たちは正しい知識と確かな技術で心のこもった医療を提供し、さらには予防医学の徹底や、食事管理、しつけなどの生活指導、さらに飼い主様の心のケアに至るまで動物と楽しく生活するにあたってのさまざまなことについて、私たちになにが出来るのかを常に考え続けています。

よりよい動物福祉のために飼主様と気軽に話し合えて真剣に取り組む、そんな動物病院をめざしてスタッフ一同これからも努力してまいります。


久米川みどり動物病院 院長 畠中道昭
kumegawa Green Veterinary Hospital
Director Michiaki Hatanaka
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」の院長 畠中道昭 久米川みどり動物病院
院長 畠中道昭
(1)動物福祉
私たちは良心に従い、正しい知識と優れた技術をもって動物福祉に全力を注ぎます。
(2)飼主様の心のケア
私たちは「心のケア」で、人間と動物との安心かつ幸せな生活を支援し続けます。
(3)自らの自己実現
私たちは人間と動物の幸せを喜び、糧として人間的な成長をし続けます。
(4)社会貢献
私たちは人と動物をつなぐ技術者として、心豊かな地域社会の形成と、豊かな自然を後世に残すために行動します。
久米川 みどり動物病院