久米川みどり動物病院
  • アクセス
  • お問い合せ
  • 久米川みどり動物病院
  • どうぶつウェルネスセンター
  • 草加みどり動物病院
  • スキンケアトリミングサロン
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」の避妊・去勢
 東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」
 東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」の避妊・去勢手術を行う目的

避妊・去勢をしていない動物さんにおいて、年を取ってから起こることが多い病気がいくつかあります。
例えば、女の子では乳腺腫瘍や子宮・卵巣の病気、男の子では前立腺の病気などが挙げられます。しかし、若い時期に避妊・去勢手術をすることでこれらの病気、その他に問題行動なども予防することができます。そのため、当院では避妊・去勢手術を皆様にお勧めしています。予防できる病気について、詳しくはメリット・デメリットの項をご覧下さい。

東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」の手術を行う時期

当院では性成熟に達する生後5〜6ヶ月を目安に手術を行っています。
この時期に手術を行うと、女の子の場合は、最初の発情が来る前に避妊手術を行うことになるので乳腺腫瘍の発生率を非常に低くする事ができます。
また、男の子の場合は、学習による問題行動の習慣化を未然に予防することができます。万が一この時期を過ぎてからの手術でも男の子の場合は病気の予防効果は期待できるため決して遅くはありませんが、基本的には早めの手術をお勧めしています。

東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」の手術の方法

避妊・去勢手術ともに全身麻酔下で行います。
避妊手術は卵巣と子宮を全て取り出す手術です。開腹手術のため、通常1泊の入院が必要です。
去勢手術は精巣(睾丸)を摘出する手術です。
通常日帰りですが、精巣がお腹の中にとどまっている場合には開腹手術になる可能性があるため、1泊の入院が必要となります。詳しい内容については獣医師にお尋ね下さい。

東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」の手術のメリット・デメリット

【避妊手術】

メリット
永久的に避妊ができるため、不用意な妊娠を予防できます
卵巣と子宮を摘出するため、子宮蓄膿症や卵巣腫瘍などの卵巣および子宮の病気の予防ができます
最初の発情がくる前に手術を行うことにより乳腺腫瘍の発生率が低下します。

犬では、最初の発情が来る前に避妊手術を行った場合の乳腺腫瘍の発生率は0.05%ですが、2回目の発情が来る前では8%にまで上がります。また、猫では6ヶ月齢より前に手術を行った場合の発生率は9%ですが、13~24ヶ月齢では89%にまで上がります。
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」
デメリット
手術後に肥満になりやすい傾向があるため、食事量のコントロールが必要です

【去勢手術】

メリット
雄性ホルモンが関与しているといわれている前立腺肥大や肛門周囲の腫瘍およびヘルニアの予防ができます
特に陰嚢内に精巣が下りていない場合は精巣腫瘍になることもあるため、その予防に効果があります
学習による問題行動(マーキング行動や攻撃性)の習慣化を未然に予防する効果があります
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」
デメリット
手術後に肥満になりやすい傾向があるため、食事量のコントロールが必要です
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」の避妊・去勢手術の流れ
@健診・予約
  健康診断(問診・視診・触診・聴診)を受け、手術の説明を受けます。
  予約をとります。(手術日は水曜日以外です)

【1年以内に5種以上(猫さんは3種以上)の混合ワクチンを受けていない子は、手術の2週間以上前にワクチン接種していただく必要があります】
A手術前の御注意
  手術は全身麻酔をして行います。全身麻酔前には、12時間以上の絶食が必要です。
  お食事は前夜の0時までにお済ませください。お水は当日朝9時以降はあげないで下さい。
B来院
  手術当日は午前9時から11時の間に本院の久米川みどり病院にお越し下さい。
問診後手術同意書にご記入いただいてからお預かりします。
C術前検査
  留置針(点滴用の針)を入れ、化膿止めと痛み止めのお注射をします。
  血液検査(貧血・腎臓・肝臓などのチェック)を行い、麻酔が可能かどうかチェック致します。
  8歳以上の高齢の動物に対しては、胸部のX線検査も行います。(別途料金が必要です)

 【検査の結果次第では、当日の手術が中止、延期になる場合もございますので、予めご了承ください】
D手術
  12時から16時の間に手術を行います。
E術後管理
  手術が終わり、麻酔が覚めたらお電話にてご連絡いたします。

 【手術後から17時半までの間は、術後管理のためご面会はできません】
F面会
  16時半から18時半の間はご面会ができます。(男の子はここで退院です)
  夜ごはんを食べます。食事は病院でご用意いたしますが、お持ちいただいても結構です。
G入院
  女の子は1泊入院して、術後管理をいたします。
H退院
  男の子は手術当日の17時半から18時半の間、女の子は、手術の翌日(診察時間内なら何時でも大丈夫です)の退院となります。お預かりの際、退院希望時間をお伝え下さい。 
  退院後の自宅での過ごし方の説明を受けます。
I自宅管理
  退院日から10日後以降に術後健診・抜糸です。担当獣医師の指示に従って下さい。
  退院して初めの5日間はおうちで1日2回お薬を飲んでいただきます。
  傷を舐めないようにエリザベスカラーをお渡しします。抜糸まではつけておいて下さい。
J抜糸
  抜糸は診察時間内でしたらいつでも結構です。抜糸処置はすぐに終わります。
  抜糸が終わったら普段の生活に戻ります。次の日からシャンプーOKです。
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-手術後について

傷口の治りが遅くなるため、手術後は激しい運動やシャンプーは避けていただいています
傷口を舐めないようにエリザベスカラーをしていただいています
しばらくはお薬を飲んでいただきます
手術から10日〜14日後に抜糸を行います(男の子の猫さんの場合、糸を使いませんので抜糸はありません)

避妊・去勢手術をお考えの方はお気軽にスタッフまでお声かけ下さい
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」のお問合せ