久米川みどり動物病院
  • アクセス
  • お問い合せ
  • 久米川みどり動物病院
  • どうぶつウェルネスセンター
  • 草加みどり動物病院
  • スキンケアトリミングサロン
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」の腹腔鏡手術
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」の腹腔鏡手術とは
腹腔鏡は、お腹の壁に5mm程の切開を3ヵ所行い、その小さな穴から器具を挿入して、手術を行うことができるシステムです。
棒状のビデオカメラを挿入することで、お腹の中の様子を拡大したモニター画面で確認することができます。
実際にお腹を開けて観察する開腹手術に比べて臓器の拡大像を確認することができ、画像を保存することで手術後にご家族もご覧いただくことができます。カメラで臓器を観察しながら、マジックハンドのような機材を用いて手術や組織の採材を行います。
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」の腹腔鏡手術
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」の手術を行う時期

<腹腔鏡とモニター>

<モニター画像>

<手術後のお腹>

 東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」
 東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」
 東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」

左の機械が腹腔鏡本体で、右がモニターです。

モニターに映し出された画像です。肝臓と鉗子が確認できます。

通常の開腹手術に比べて切開が少なく、上記は3箇所です。

東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」の腹腔鏡で出来ること
避妊手術         
潜在精巣摘出術      
膀胱結石摘出術
胆嚢切除術
肝臓・腎臓・膵臓・腸管などの検査のための生検
※動物さんの大きさなどで腹腔鏡が使用できないこともございます。
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」の腹腔鏡のメリット・デメリット

【メリット】

東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」 痛みが少なく、回復が早い
手術後の痛みや炎症は心と体のストレスとなり、治癒速度が遅くなります。

手術後のトラブルが減少
手術後に傷を舐めたり、引っ掻いたりすることで傷を広げてしまったり、化膿する危険性が低下します。

合併症の発生が減少
開腹手術と比較して、お腹の中の臓器が外気に触れにくいため、術後の臓器癒着の可能性が低下します。

【デメリット】

東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」 手術時間の延長
特殊な技術を必要とする手術方法のため、通常の開腹手術と同等もしくは若干長めの手術時間が必要になる場合があります。

費用
通常の開腹手術よりも、やや高額になります。

手術の傷が小さいことで術後の回復も早く、傷口を気にするケースも少なくなります。
詳しくは、診察時に獣医師にご相談ください。

東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」へお問合せ