久米川みどり動物病院
  • アクセス
  • お問い合せ
  • 久米川みどり動物病院
  • どうぶつウェルネスセンター
  • 草加みどり動物病院
  • スキンケアトリミングサロン
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」の理学療法
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」の理学療法 【バランスボール】 病気、けが、高齢、障害などによって運動機能が低下した状態にある動物に対し、運動機能の維持・改善を目的に運動、温熱、電気、水、光線などを利用して行われる治療法のことです。
理学療法は運動機能の回復を目的とし、日常生活での行動改善、最終的にはQOL(生活の質)の向上をめざします。
病気、けが、高齢など何らかの原因で寝返る、立ち上がる、歩くなどの動作が不自由になると、自分のおしっこやうんちで体が汚れてしまったり、ご飯が上手に食べられなくなったり、自分が行きたいと思う場所にうまくいくことが出来なくなるかもしれません。
日常生活での行動改善はQOL向上の大切な要素になります。
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」の理学療法(リハビリテーション)
リハビリテーションの大切さ
動物達にリハビリ?
と思われる飼主様も多くいらっしゃると思います。
近年、人と同様、獣医療においてもリハビリの重要性が注目されるようになってきました。
リハビリを行わない時に比べ、回復力は格段に向上することと、無くしてしまった機能を回復することもあります。

例えば、椎間板ヘルニアの場合
治療・手術後にリハビリを実施することで、歩く・走る・階段を上がるなどの日常生活におけるあらゆる場面で活躍する運動機能の回復を促し、動物達が負担やストレスを抱えることなく、快適な生活を過ごすサポートとなります。
もしあなたが入院しなければならない骨折をしたとしたら?
骨が正常になるまで治療を受ける、入院中は安静にしなければならないと思います。じっと入院していた為に、筋肉が弱って今までと同じように歩けないかもしれません。
骨折前の状態にもどらないと生活の至るところで支障をきたてしまいます。この不便さをなくし、元の生活が出来るように、筋肉トレーニングや歩く練習をします。
動物達も同様、骨折をして状態がよくなったらリハビリをしてあげる事がとても大切です。

これはリハビリの一例ではありますが、その他にも以下のような場合にリハビリはとても有効です。
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」の他動的可動式訓練 【他動的可動式訓練】
リハビリが有効なケース
・椎間板ヘルニアや末梢神経麻痺に代表される神経疾患
・膝蓋骨脱臼・前十字靱帯断裂・関節炎などに代表される整形外科疾患
・歩行や一般生活において支障が出る場合
・いつまでも歩いて欲しい高齢動物のための関節・筋肉の運動

リハビリにおける各治療法
・運動療法(歩行マット)
・水治療(トレッドミル)
・電気治療(TENS)
・超音波療法
・バランス運動