久米川みどり動物病院
  • アクセス
  • お問い合せ
  • 久米川みどり動物病院
  • どうぶつウェルネスセンター
  • 草加みどり動物病院
  • スキンケアトリミングサロン
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」のワクチン
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」の狂犬病の予防
狂犬病は法律で予防注射を受けるよう義務づけられている人畜共通伝染病です。
生後91日以降のワンちゃんは飼い始めてから30日以内に1回、その後は毎年1回予防注射を受けなければなりません。
現在、狂犬病に対する治療法はなく、ワンちゃんも人も発症すれば致死率が100%という非常に恐ろしい病気です。狂犬病ウィルスに感染した犬の唾液から咬傷などにより感染します。狂犬病は、ワンちゃんだけの病気ではなく、基本的にすべての哺乳動物に感染します。
幸い日本では、1957年以降発生していませんが、これは予防注射の徹底と厳重な検疫により守られているからです。
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」の狂犬病の予防
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」の混合ワクチン
混合ワクチンは「狂犬病ワクチン」とは違い、法で定められたものではありません。飼い主様の任意の接種となります。
混合ワクチンは、恐ろしい伝染病から体を守るのに必要な「免疫」と呼ばれる抵抗力をつけるために用いられます。
一本の注射の中に、何種類かの伝染病を予防するワクチンが混ざっています。犬では5種、6種、8種、ネコでは3種、4種の混合注射を当院では扱っています。
ワンちゃん、ネコちゃんの注射による免疫は、1年ほどでなくなってしまいます。そして混合ワクチンに含まれている病気は、かかってしまうと命さえも脅かす非常に危険なものばかりです。大事な家族であるペットたちを恐ろしい伝染病から守るため、年に1回のワクチンは、必ず忘れずに接種してあげてください!
尚、狂犬病のワクチンと混合ワクチンは一緒には打つことができません。期間を空けてからの接種になります。
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」の混合ワクチン