久米川みどり動物病院
  • アクセス
  • お問い合せ
  • 久米川みどり動物病院
  • どうぶつウェルネスセンター
  • 草加みどり動物病院
  • スキンケアトリミングサロン
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」の予防
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」 ワンちゃんネコちゃんが健康に楽しく暮らせるようフィラリア・ノミ・ダニをしっかり予防しましょう。初めてワンチャンやネコチャンを飼い始めると、どんな予防をしてあげればいいのかわからない飼い主さんも多いはず。そこで、最低限しなくてはならない予防についてお話します。
他にもノミ対策・狂犬病予防注射・寄生虫の定期駆虫・定期健康診断など、皆さんの大切なペットたちの健康管理には考えていただかなくてはいけない事が多くあります。スタッフにお気軽にご相談下さい。

ワンちゃんネコちゃんが健康に楽しく暮らせるようフィラリア・ノミ・ダニをしっかり予防しましょう。初めてワンチャンやネコチャンを飼い始めると、どんな予防をしてあげればいいのかわからない飼い主さんも多いはず。そこで、最低限しなくてはならない予防についてお話します。

東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」の予防プログラムをダウンロード
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」のワクチン
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」の狂犬病の予防
狂犬病は法律で予防注射を受けるよう義務づけられている人畜共通伝染病です。
生後91日以降のワンちゃんは飼い始めてから30日以内に1回、その後は毎年1回予防注射を受けなければなりません。
現在、狂犬病に対する治療法はなく、ワンちゃんも人も発症すれば致死率が100%という非常に恐ろしい病気です。狂犬病ウィルスに感染した犬の唾液から咬傷などにより感染します。狂犬病は、ワンちゃんだけの病気ではなく、基本的にすべての哺乳動物に感染します。
幸い日本では、1957年以降発生していませんが、これは予防注射の徹底と厳重な検疫により守られているからです。
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」の狂犬病の予防
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」の混合ワクチン
混合ワクチンは「狂犬病ワクチン」とは違い、法で定められたものではありません。飼い主様の任意の接種となります。
混合ワクチンは、恐ろしい伝染病から体を守るのに必要な「免疫」と呼ばれる抵抗力をつけるために用いられます。
一本の注射の中に、何種類かの伝染病を予防するワクチンが混ざっています。犬では5種、6種、8種、ネコでは3種、5種の混合注射を当院では扱っています。
ワンちゃん、ネコちゃんの注射による免疫は、1年ほどでなくなってしまいます。そして混合ワクチンに含まれている病気は、かかってしまうと命さえも脅かす非常に危険なものばかりです。大事な家族であるペットたちを恐ろしい伝染病から守るため、年に1回のワクチンは、必ず忘れずに接種してあげてください!
尚、狂犬病のワクチンと混合ワクチンは一緒には打つことができません。期間を空けてからの接種になります。
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」の混合ワクチン
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-フィラリア
フィラリアは犬糸状虫とも呼ばれ、蚊が媒介する糸状の寄生虫です。成虫になると大きいもので約30pにもなります。
フィラリア症に感染したワンちゃんを吸血した蚊に刺されることで感染します。
咳、元気・食欲の喪失、呼吸困難、散歩を嫌がる、お腹に水が貯まる、尿が赤くなる、痩せるなどの症状がみられます。放置すると生命にも関わる恐い病気です。
ですから毎年蚊の出現に合わせて予防が必要です。もし感染している状態で予防薬を与えると、一度に大量のフィラリアの子虫が駆除されることでショック症状を起こし、最悪の場合死に至ることもあるのでしっかりと検査をしてから予防をしっかりとしていきましょう。

⇒フィラリア検査、予防についてはコチラ
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」のフィラリア
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」の定期駆虫
腸内寄生虫は、動物の腸内(主に消化管)に寄生する虫のことをいいます。主なものに、回虫・鉤虫・鞭虫・瓜実条虫などがいます。
散歩などで外出した際に他の動物さんとのスキンシップや排泄物のニオイをかいだりした時に虫卵が口に入り感染する可能性があります。
ノミなどの外部寄生虫と違って目に見えず症状が出にくいため、どうしても感染を見過ごしてしまいがちです。そのため放っておくと室内環境が汚染される原因となってしまいます。虫卵が見つかる前からの3ヶ月に1回の予防的駆虫が必要です。
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」の定期駆虫
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」のノミ・マダニの予防
ノミ
ノミは1~3oの、左右に平たい茶褐色の寄生虫です。動物がよくいる場所であればどこにでもいる可能性があり、1年中暖かい室内では冬でも増えていきます。
寄生したノミが産んだ卵は床に落ち、成長して成虫になるとまた動物に飛び移ります。
目に見えているノミは、氷山の一角で成虫のノミが5匹ついていたら、その周囲の環境には95匹の未成熟期のノミ(卵・幼虫・さなぎ)が潜んでいると言われています。
ノミの病害では激しい痒みだけでなく、痒みによる不眠、食欲不振、貧血、アレルギー性皮膚炎、皮膚炎による脱毛、瓜実条虫(サナダムシ)の感染、ネコひっかき病などがあります。
外で遊ぶことが多いコ、湿疹・脱毛がある、体を掻きむしっている、小さい粒のようなものがついている…以上のことが1つでも当てはまればノミが寄生している可能性があります。

マダニ
マダニは2~3oほどの丸い体の寄生虫で、公園、山などの草むらに潜んでいます。
耳、内股、指の間などの皮膚の柔らかいところを好み、数日間吸血し続けます。
マダニによる病害として貧血、皮膚の損傷、細菌感染、アレルギーなどがあり、怖いのは犬バベシア症などの死に至る病原体を運ぶことです。
当院ではノミ・マダニの予防として、効果が持続し、使いやすいスポット剤をご案内しておりますのでご相談ください。定期的に予防して大切なワンちゃん・ネコちゃんを病気から守ってあげてくださいね。
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」のノミ・マダニの予防
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」のドッグ検診

人間ドックと同じように、わんちゃん・ねこちゃんにもドック検査をご用意いたしました。病気の早期発見や定期的な全身検査としてご利用ください。また、専門医での指名も行う事が可能です。(別途費用が必要です。)

東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」のドッグ検診について詳しくはこちら