概要

大腿骨頭切除を行なう病気としては、大腿骨頭壊死症(レッグ・ペルテス)や、外固定で治らない股関節脱臼、大腿骨骨折です。

症状

股関節脱臼は事故など急な外力がかかる事により起こるので、いきなり痛がって足を挙げたままになります。レッグペルテスは徐々に進行するので、だんだん足を使わなくなってきます。

治療

大腿骨の出っ張りの部分を全身麻酔下にて切除します。その後は周囲の組織にて安定化してきます。