概要

手術によってがんを摘出した際、完全に摘出しきれていない可能性が考えられる場合には、補助的に抗がん剤を投与する必要があります。
がんの再発までの時間を延ばしたり、全身への転移スピードを緩和することにより、生存期間を延長させます。

症状

がんの種類によりさまざまです。リンパ腫、乳腺腫瘍、肥満細胞腫、骨肉腫、血管肉腫、移行上皮癌など、多種にわたる腫瘍が適応となります。

治療

手術後に抜糸が完了するなど、ある程度体力が回復した時点から抗がん剤を開始します。抗がん剤による副作用が生じることはまれですが、事前に十分な対策を行い、もし副作用が出るようなことがあってもを早期に発見することで体への負担を和らげることができます。