概要

骨折の大半は交通事故や高所からの落下などにより起こります。また、食事やホルモン異常などの為に骨が脆くなっている時や、骨に腫瘍がある時などでは、普通では折れない弱い力が加わっただけでも、骨にひびが入ったり、折れたりすることがあります。
骨折の大半は交通事故や高所からの落下などにより起こります。また、食事やホルモン異常などの為に骨が脆くなっている時や、骨に腫瘍がある時などでは、普通では折れない弱い力が加わっただけでも、骨にひびが入ったり、折れたりすることがあります。

症状

一般的な症状として、骨折した骨の周囲が腫れて熱や痛みをもちます。足の骨が折れると、折れた足を上げて歩くようになったり、足の向きや形がおかしくなったりします。また背骨を骨折すると、神経麻痺や排便・排尿に障害が起こったりします。

治療

骨折の治療は、手術で折れてずれた骨を元の正常な位置に戻して固定します。その状態で通常2ヶ月間、骨がくっつくのを待ちます。