膝蓋骨(膝にあるお皿の骨)とは?

膝蓋骨は、足の付け根から膝までの太ももの骨(大腿骨)にある滑車溝というくぼみに収まっています。これを大腿四頭筋、膝蓋靭帯、外側支帯、内側支帯、関節包という組織が支える構造です。膝蓋骨が大腿骨の正面で安定することで、膝関節はスムーズな屈伸運動ができるようになります。


膝蓋骨脱臼とは?

膝蓋骨が滑車溝から外れてしまう病気です。
様々な原因により膝関節が緩むと膝蓋骨は膝関節を伸ばした時に内側もしくは外側のどちらかに脱臼するようになってしまいます。
膝蓋骨が身体の「内側」に脱臼するのであれば「膝蓋骨内方脱臼」。身体の外側であれば「膝蓋骨外方脱臼」と呼びます。
全ての犬種で内方脱臼の方が多くみられますが、外方脱臼に関しては小型犬よりも大型犬の方が発生率は高くなります。


原因

膝蓋骨脱臼が発生するのには2つの原因があります。
1つ目は先天的な理由です。
先天的には、成長期に骨や靭帯、筋肉の形成に異常が生じることで発症します。
体格に関わらず多くの犬種で認められますが、特にトイ・プードルやポメラニアン、ヨークシャーテリアなどの小型犬種によく見られます。

成長とともに脱臼が徐々に進行していく傾向にあるため、痛みが生じることは少なく、異常に気づかないことが多いです。骨格の成長が終了する1歳半頃までは、定期的な診察にいらっしゃることをおすすめします。

2つ目は外傷によるものです。
交通事故や高いところからの転落などにより膝に強い力がかかることで生じることがあります。


症状

膝蓋骨脱臼を呈していても必ずしも症状があるとは限りません。
特に初期の場合は痛みが発生しないこともあるため、脱臼に気づけないことがあります。中程度の脱臼では、時々足を浮かせてかばうように歩くといった症状がみられたり、脱臼した状態が多くなるとその足を挙げて歩くことが増えます。さらに進行すると常に足を挙げて歩く、膝を曲げたまま歩くといった異常が認められます。しかし、重度の脱臼が起きていても明らかな症状が認められない場合もあります。このように症状は様々です。

脱臼による膝関節のダメージが蓄積すると骨の変形により、関節へのダメージが蓄積すると高齢となった時に変形性関節症や関節炎を発症する可能性があります。10歳くらいまでは無症状であっても、最終的には歩けなくなるほどの症状を起こすこともあります。また膝蓋骨内方脱臼が存在していると膝の中の前十字靭帯という靭帯の損傷がおきやすいとされています。
症状が進むと骨が変形し、O脚やX脚になりその後の矯正が難しくなる場合もあります。


診断


身体検査

4つのグレード:膝蓋骨の外れやすさの指標として、触診検査によるグレード分類(Singeltonの変法)が用いられます。

グレード1:膝蓋骨は触診で簡単に外せるが、手を離すと正しい位置に戻る。
グレード2:膝を曲げ伸ばしするだけで、簡単に膝蓋骨が外れる。
グレード3:膝蓋骨は常に外れたままだが、手で押すと元のに位置に戻せる。
グレード4:膝蓋骨は常に外れたままだが、手で押しても元に位置に戻らない。


レントゲン検査

膝関節の状態をレントゲン検査で把握します。



治療

症状がほとんどない場合や、手術ができない場合には保存療法を行います。
保存療法とは、鎮痛剤やサプリメントの投与、運動の制限※1、生活環境の改善※2、肥満の場合には減量などが挙げられます。根本的な治療ではないため症状が悪化する可能性があります。

歩行の異常や痛みが頻繁にある場合や、根本的な治療を希望する場合には外科手術を行います。特に骨格の成長が著しい時期には、膝蓋骨脱臼によって骨格や筋肉の形成異常が進行する可能性があるため手術が推奨される場合があります。



*手術について

膝蓋骨脱臼の手術ではその子の状態に合わせて複数の術式を組み合わせて実施をします。
手術の目的は、膝関節構造の位置不良を正すこと、大腿骨滑車における膝蓋骨を安定化させることです。


脛骨粗面転移術

脱臼に伴い、ずれた脛骨粗面(脛骨側の靱帯が張り付く面)を切り出し、靭帯・膝蓋骨・脛骨が直線上に並ぶようにする方法です。


滑車溝造溝術

滑車溝(膝のお皿がはまっている溝)を深くすることで膝蓋骨が脱臼しにくい状態にする方法です。


内側大腿膝蓋筋膜の開放

膝関節内側における軟部組織の緊張を解除することを目的とした方法です。


関節包縫縮術

関節は関節包という構造物により包まれています。縫い縮めることにより、正しい膝関節構造の位置へと整復する方法です。

選択する手術方法はその子によって異なるため、詳しくは獣医師とご相談ください。

※1
運動による過度な負荷も悪化の原因となります。高いところから飛び降りたり、激しい回転運動を行ったりすると脱臼が増悪することがあるため注意が必要です。

※2
フローリングなどでツルツル滑ると、症状が悪化することがあるため、カーペットなどのすべり止めを敷いて滑らないようにしましょう。