概要

緑内障は、眼の中の液体である房水の産生量と排出量のバランスが崩れ、眼圧が異常なレベルにまで上昇する病気です。
眼の前側の部分を満たしている液体(房水)は、虹彩の裏側にある毛様体でつくられ眼球の後方(後房)から眼球の前方(前房)へと流れこみ、そこから排出管を通って外へと流れ出ていきます。
緑内障では、房水を排出する管が詰まったり閉じてしまったりします。そうなると、眼の中の房水は前房で新しい房水が産生されても外に出ていくことができません。房水が眼の中で行き場を失い、その結果、眼圧が上昇します。眼圧が高くなって視神経が耐えられる限度を超えてしまうと、失明します。また、眼圧の上昇が正常範囲にとどまっていても、視神経がそれに耐えられない場合もあります。

症状

急に眼が見えなくなる、白目が赤い、眼をショボショボする、などの症状が現れます。

治療

急性の場合は眼圧を落とす点滴を行います。慢性緑内障の治療は一生涯続きます。
具体的には、点眼薬を使って房水の産生量を減らすか、排出量を増やして眼圧を下げます。また、眼圧を定期的に測定します。
眼圧のコントロールがつかず、痛みが持続する場合は眼球摘出術を行います。
目の形を残しておきたいという場合は義眼(シリコンボール)挿入手術もございますが、こちらは専門医をご紹介させていただいております。

眼球摘出術の適応は他に、眼球内腫瘍、眼球破裂、等です。