概要

皮膚糸状菌症は、カビの仲間である皮膚糸状菌が感染して起こる皮膚の病気です。この病気は、犬、猫、ウサギ、ハムスター、さらに人など多くの動物に感染します。正常な皮膚をもつ健康な大人の動物での発症は少なく、免疫力の弱い若齢の動物、免疫不全の動物、全身性の疾患を持つ動物などで多くなります。

症状

皮膚糸状菌症にかかると、顔のまわり、耳、四肢などに、円形の脱毛とその周囲にフケやかさぶたが見られます。また赤く大きめの丘疹も見られることがあります。治ったように見えてもしばらくは菌が体表上に残り、他の動物や人への感染源となります。そのため早期の治療が望まれます。

治療

皮膚糸状菌症の治療は、皮膚を消毒薬で洗浄したり、抗塗り薬を塗布したりして行います。病変が広いなどの場合は飲み薬の投与も行います。原因となる病気がある場合はそちらの治療も行います。また、日頃から飼育環境や皮膚を清潔にしておくことも、皮膚糸状菌症の予防につながります。