概要

病気で長期に渡り食欲がない、口や舌に腫瘍ができて、食べ物が飲みこめない状態などの時に胃に写真のようなチューブを入れ、食事をとれるようにします。

症状

食べ物に興味を示さない、食べたいが痛みや物理的障害により食べられないという症状の時に行います。

治療

胃チューブの挿入は全身麻酔にて行います。
内視鏡を口から胃に挿入し、それをガイドにチューブを入れます。そのチューブを皮膚に小さな切開を加え体の外に出します。
このチューブから流動食やお薬を入れます。
チューブがしまえるお洋服を着ると普通に生活ができます。