概要

疥癬はヒゼンダニというダニが起こす皮膚の感染症で、激しいかゆみや脱毛を特徴とします。ヒゼンダニが寄生している動物と接触することによって感染します。犬はイヌセンコウヒゼンダニ、猫はネコショウセンコウヒゼンダニが原因となりますが、これらのダニは人にも感染することがあり、激しいかゆみを起こすので疑わしい症状が見られたら注意が必要です。

症状

初めは眼の周囲や耳の辺縁、ひじやかかとなど皮膚の薄い部分にポツポツができる程度ですが、ひどいかゆみが生じます。そのため患部を掻いたり咬んだりすることで、皮膚に傷が付き、かさぶたや脱毛が見られるようになります。傷付いた皮膚に細菌の二次感染が起きて、膿皮症を起こすこともあります。また疥癬の仲間で、外耳炎を起こす耳疥癬(ミミヒゼンダニ感染症)があります。

治療

治療は殺ダニ作用のある外用薬や内服薬、注射薬の投与が行われます。細菌の二次感染があれば、抗生物質の投与が必要となります。治療中は再感染を防ぐため、使用したブラシやタオル、ベッドなどはこまめに殺ダニ作用のある薬剤で消毒を行うようにしましょう。予防としては、すでにヒゼンダニが寄生している動物との直接的な接触や、ブラシやタオルの共有などによる間接的な接触を避けるようにします。また、日頃から環境に気をつけることも大切です。