犬と猫が人間よりも速く年をとるということはよく知られおり、人間の1年は犬と猫の7年に相当するといわれています。
一緒に生活しているので、つい自分たちと同じように年をとると思いがちですが、気づいたときには体のあちこちに変化が起こっている可能性があります。さらに、現在では獣医療の進歩や良質なごはんによって、犬・猫の平均寿命は犬では13歳、猫では14歳にまで延びてきています。その分、昔より高齢に伴って起こる健康トラブルも多くなってきているのも事実です。

犬の年齢表(目安)

1ヵ月 2ヵ月 3ヵ月 6ヵ月 1年 2年 3年 6年 10年
小型犬 1才 3才 5才 9才 17才 24才 28才 40才 56才
大型犬 1才 3才 6才 12才 19才 26才 47才 75才

来院の目安

2.3か月に1回、長くても半年に一度、診察を受けることをお勧めします。定期的に体重のチェックで栄養管理を見直し、また触診や視診、聴診などで、病気の可能性を見つけることができ、その際には必要な精査に早期に進むことができます。高齢な動物さんでは以前とのちょっとした違いが、とても重要な意味があることがあります。病気の早期発見・早期治療にはとても重要なのです。

中高年健康サポート・慢性疾患サポート

外見は健康に見えても、若いころとは異なり少しずつ老化に伴って様々な体の変化が起こり、以下のような病気が多くみられるようになります。
また、慢性的な疾患を抱えた子にとって日々の生活(食生活、運動)が病気の状態に影響することがあります。定期的な健康診断と健康維持・老化防止のためのサポート、病気で辛くならないように日々の管理をお手伝いいたします。

主な病気の種類

関節炎
老化に伴って骨が弱くなったり、関節の軟骨がすり減ってしまうことで起こります。

心臓病
大型犬に起こりやすい「拡張型心筋症」、小型犬に起こりやすい「僧坊弁閉鎖不全」などがあります。運動などで心臓への負担が大きくなったときに症状が出やすくなります。咳が出るようになったり、いつもは元気にお散歩や運動をしていたのに最近よく途中で休むなどの症状が見られる場合は要注意です。

歯の病気
・歯と歯肉の間(歯周ポケット)に膿がたまってしまい、最悪の場合歯を抜かなければならない歯槽膿漏(しそうのうろう)
・口と鼻、隔てている骨が解けて貫通してしまう病気(口鼻瘻管:こうびろうかん)
そのままにしておくと、歯周病によって繁殖した口の中のばい菌が血管を通って内臓(心臓・肺・肝臓・腎臓など)に影響を及ぼすので日ごろのケアが必要となってきます。

腎臓病
・慢性腎不全:腎炎などの病気によって腎臓がすこしずつ壊れていき、腎臓が動かなくなってしまうことを言います。これは、なかなか症状を示さない病気なので気付いた時にはかなり病気が進行していることがあります。

生殖器の病気
・子宮蓄膿症:子宮に膿がたまり、そのままにしておくと体の中で破裂してしまい死に至ってしまう病気です。症状としては、発熱、膣から膿のような物が出たり、お腹が膨らんできたり、良く水を飲むようになったりします。この症状が出たときは、早めに獣医師の診察を受けましょう。
・前立腺肥大:前立腺が肥大することによって、おしっこが出にくくなってしまったり、血尿が出たり、便秘になったりします。前立腺の肥大が起こると、細菌感染が起こりやすくなり、膀胱炎にもなりやすくなります。老化に伴いオスのホルモンのバランスが崩れることによって起こるとも言われています。

痴呆
老化に伴って今まで覚えてきたしつけ、生活習慣、運動能力の著しい低下が始まると、飼い主さんとうまくコミュニケーションが取れなくなってしまい、異常な行動をコントロールをできなくなってしまうことを言います。わかりやすい症状として、昼夜問わず単調に鳴くようになった、狭いところに入ると出てこられなくなる、徘徊をする、前進歩行のみでぐるぐる回っているなどがあります。

高齢動物 要介護ケアサポート

10歳、15歳と年齢を重ねていくと運動能力の低下や、食事やお水がうまく取れなくなってしまい、脱水したり痩せてきてしまったりという事が見られることがあります。そんな時、どうしたらいいのか?日頃、何に気をつけたらいいのか?と悩まれるかもしれません。そんな時は、私たちにご相談ください。
寝たきりで介護が必要な子の、日中のお預かりも行っております。

終末期医療サポート

病気や高齢で給餌や点滴が必要になる場合、動物さんの状態とご家族の時間的余裕などで出来ることは限られてきます。
ご自宅での点滴治療など動物さんとご家族が自宅で安心して過ごせる最善と思われる方法で対応いたします。

別れの後(ペットロス)

動物さんとの別れは、人との別れ同様に心を痛めます。出来るだけのことをして、それなりの年齢まで生きたとしても悔いは残るものです。
ご家族にとっては「家族の一員」、「たかが動物」と言われて苦しむ人もいます。同じ思いの人はたくさんいます。生前の思い出がキラキラと輝くように、一緒に語り合えたら幸いです。

寝たきりの介護

床ずれにさせないためには
1.やわらかい寝床を作ってあげましょう。
通常のお布団でも固いかな?と感じる場合はプチプチの気泡シートをシーツの下に敷いてあげましょう。専用のマットの販売もしております。また、波型のウレタンマットもオススメです。体圧を波型の構造が分散させてくれ、床ずれができるのを防いでくれます。また、足と足の間にクッションを挟んであげるのも効果的です。
2.寝返りを打たせてあげましょう。
よく、寝かせたまま手足を持って回転させる方法をとる人がいるかもしれませんが、寝たきりの動物さんにとってとても危険なのでお勧めしません。一度、上体を起こしてから逆側へ倒すという風に寝返りを打たせてあげましょう。

床ずれができてしまったら
通常は、塗るタイプのお薬で治療していきます。お薬のタイプはクリームタイプと粉末タイプの2種類があり、クリームタイプは保湿力が高く、皮膚の再生を促す効果が高いのが特徴です。逆に粉末タイプは滲出液が多く寝床を汚してしまう床ずれに適しています。また、ドーナッツ型のクッションを作ってあげることで、体圧が患部にかかってしまうことがなくなり、また患部がこすれたりせず、治りが早くなります。

食事管理

高齢に伴い、食べ物の好みも老化に伴って変化します。おやつはほしがるのに今まで食べていたごはんは欲しがらなくなったり、硬いドライフードではなくやわらかいウェットタイプのごはんを好むようになったりと様々です。そのような場合は、食べ物の好みにより、与える食事も偏ってしまう場合があるので、できる限り食べてくれるもので良質なごはんを選んであげましょう。
硬いものを嫌がり、やわらかいものを好むようになった場合は、まず歯が痛いのでドライフードをふやかして食べやすくしてあげることをお勧めします。また、消化吸収能力が衰えていたりするため、食事の回数を1日分のご飯を3~4回くらいに分けることもいいでしょう。シニア用のごはんは若いころのものとは異なり、シニアになってから必要とされる栄養素が補給できるのでゆっくりとシニア用のごはんに変えていってあげましょう。

老化を防ぐには

楽しく無理しない散歩

無理せず適度に運動をしましょう!運動しなきゃ!と言って、無理やり長時間運動させたりする必要はありません。その子に合わせた、運動量、運動のやり方でオーダーメイドのお散歩スタイルを作ってあげましょう。

足腰が弱ってきた子
砂利道や急な坂道、階段など苦手な道を避けた緩やかな道のコースを選びましょう。また、後ろ足のふらつきが目立ってきた場合は、首輪からハーネス(胴輪)に切り替えてあげましょう。フラッっと倒れてしまいそうになった時、ハーネス(胴輪)で支えてあげれば首への負担も減らすことができます。普段は自分の力で歩かせ、危ない時のみ助けてあげましょう。

視力が弱ってきた子
明るい時間にお散歩を済ませてあげましょう。また、暗い時間にしかお散歩ができない場合は、いつもの歩きなれたコースでお散歩をしてあげてください。
時間帯にも注意してあげてください。夏は涼しい朝か夕方、冬は暖かい午後であればわんちゃんの体の負担を減らしてあげることができます。そして、長時間歩けなくなってしまったら、1回の距離を短くし、回数を増やしてあげるとよいでしょう。

よい「刺激」を与える

お散歩でお友達、ライバル、恋人と会うことで心に刺激が与えられるので生き生きとした気持ちを維持できます。ドッグランの利用もオススメします!また、趣味(たとえば、外を眺める、においをかぐ、新しいおもちゃで遊ぶなど)を作ってあげることで五感が刺激されより良い刺激となるでしょう。おうちでもう1匹、新しい家族が迎えられるのならばそれもまた「良い刺激」となります。しかし、性格によっては一人が良い!という子もいるかもしれないので、しっかり見極めてあげましょう。

半年に一度、長くても年に1回は健康診断を

シニア期に入ったら、半年に1回~年に1回のドック検査をお勧めします。全身の検査をすることで、病気の早期発見をすることができ、早く治療を始めることができます。それにより、病気の程度を軽くすることができ、QOL(生活の質)を維持することができます。人と一緒で年齢を重ねると体力が低下し、病気と闘う力も弱くなっていくので、高齢な動物さんでは病気の早期発見・早期治療はとても重要なのです。