概要

当院では内視鏡下での食道~胃・十二指腸、直腸などの生検を行なっております。
全身麻酔をかけ、内視鏡で各部位を観察し、生検鉗子で組織を採取します。この組織を病理組織検査する事により診断の一助となります。
また、異物誤食による胃内異物の摘出も行ないます。

症状

【適応症例】
慢性嘔吐、吐出慢性下痢、下血、便の形態異常

治療

症状と病理組織検査結果をふまえ、飼い主様と相談しながら行ないます。