概要

腸管に血液中の蛋白質がたくさん漏れ出てしまうことによって起こる症候群をいいます。
遺伝的な場合もありますが、ほとんどは他の腸疾患に伴って認められます。原因となる腸疾患としては、腸リンパ管拡張症、重度の炎症性腸疾患(IBD)、腸管型リンパ腫などもあれば、胃や腸の潰瘍やびらん、重度の感染性、寄生性腸疾患など様々です。犬で主にみられます。

症状

症状としては、慢性的な下痢や嘔吐が認められることが多いです。しかし、必ず下痢・嘔吐が生じるわけではないので注意が必要です。その他、栄養の吸収不足のため、体重減少や元気消失、脱水などが認められます。また、蛋白の漏れ方が重度である場合は、低蛋白血症により腹水、胸水、浮腫などの症状が出てきてしまいます。

治療

原因によって異なります。腸リンパ管拡張症では、脂肪によりリンパ管の拡張が助長されやすいことから、低脂肪食を与えたり、リンパ管の通過障害に炎症が関与している場合はコルチコステロイドなど免疫抑制剤を用いる場合があります。また、炎症性腸疾患(IBD)では食餌療法、リンパ腫が原因の場合は化学療法が用いられることが多いです。加えて、胃や腸の潰瘍やびらんがあれば制吐剤や粘膜保護剤、重度の感染性には抗生物質、寄生性腸疾患には駆虫薬を用いて治療をします。
その他、脱水や下痢、嘔吐などが認められた場合にはそれに対しての対症療法も併せて行います。