概要

背骨は多くの骨が連なって形作られており、その一つひとつの骨を椎骨と呼びます。それぞれ隣り合う椎骨の間には、骨よりも軟らかい物質が存在し、体の位置を変えるときや運動するときなどにその衝撃を吸収します。このクッション剤としての役割を果たすのが椎間板と呼ばれるものです。 ミニチュア・ダックスやウェルシュ・コーギーを代表とする犬種では、その特有の体質から椎間板が一部飛び出してしまうことがあります。また、特に背中や腰など身体に強い負荷がかかったときなどにも同様のことが起こることがあります。これを椎間板ヘルニアと言います。

症状

背骨は多くの骨が連なって形作られており、その一つひとつの骨を椎骨と呼びます。それぞれ隣り合う椎骨の間には、骨よりも軟らかい物質が存在し、体の位置を変えるときや運動するときなどにその衝撃を吸収します。このクッション剤としての役割を果たすのが椎間板と呼ばれるものです。 ミニチュア・ダックスやウェルシュ・コーギーを代表とする犬種では、その特有の体質から椎間板が一部飛び出してしまうことがあります。また、特に背中や腰など身体に強い負荷がかかったときなどにも同様のことが起こることがあります。これを椎間板ヘルニアと言います。

治療

軽度な場合はお薬で管理します。それでも改善が見られないときや重度な場合では、MRIを撮影して頂いてその結果をもとに手術が適応となるかどうか評価します。 手術では、飛び出して神経を圧迫している椎間板を取り除きます。当院では、患者さんを痛みや苦しみから解放させてあげるために積極的にこの外科手術を行っています。